【脳を鍛える:インタビュー(3)】

※マニュアル化によって、このシステムを家庭でも

――脳の機能化が回復した結果、どういう効果が出てくるのでしょうか。
(川島)学習を受けた方が、自宅に帰ると、そのご家族から「昔のおじいちゃん、おばあちゃんに戻ってきた」という声が聞こえてくることが多いようです。
最も顕著な例を挙げると、入所してきたときにはオムツなしでは暮らせなかった、いわゆる垂れ流しの人が、1ヶ月学習しただけで、尿意や便意を介護の人に伝えられるようになりました。寝たきりでしたから、足腰の筋肉が弱いので、介護士が一緒にトイレについていかなければならず、一人で用を足すというわけにはいかないのですが、これは大きな変化です。

――音読や計算がもたらす効果はそれほど大きい。
(川島)ただし、音読や計算を通してコミュニケーションが増えた点も影響している とおもいます。
 私たちは「高齢者だからできない、わからない」と決め付けて、家の中で何もさせ ず、独りでほったらかしにしてしまいがちです。人との触れ合いが少ないんです。と ころが、入所して学習するようになると、介護士とのやりとりが増えて、きっちりコ ミュニケーションを取るようになる。つまり総合的な作用によって、劇的な変化が起 きるのだと考えています。

――すると子どもの教育でも、独りでテレビゲームをさせるより、母親と一緒に学習 するなどで接触を持つのがいいわけですね。
(川島)それはとても大切なことです。適当な音読の教材をつくって、一緒に読んで あげる。そして「ここの読み方はこうですよ」と教えてあげるような時間を、一日に 20分ほど持つだけで、子どもはぐんぐん伸びていきますし、同時にお母さんの脳も 伸びる(笑)。

――なるほど。この研究のゴールはどこになるのでしょうか。
(川島)第一段階として、高齢者と介護者が、どんな教材を使って、いかにコミュニ ケーションをすれば、脳を元の状態に戻すことができるのかという方法をマニュアル 化して発表したいと思っています。
 さらに、将来的にはそのシステムを家庭に適用できるものにしたい。老人介護で困 っているのは、痴呆の老人を抱えている主婦です。そうした方に対して、脳の活性化 を促す教材をリリースできれば、大きな福音になるだろうと考えています。この計画 は3年後をめどに進めています。

(出典:月刊致知、2002年7月号)

戻る