【踏襲・未曾有のその後】

昨年11月、麻生首相が踏襲を「ふしゅう」、未曾有を「みぞゆう」と読み、あちこちで話題にされました。
今日は、麻生太郎首相の漢字の使用、読み方をめぐり、20日の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が首相にかみつく一幕があったそうです。
石井氏の出した漢字12問は右のとおりです。
いくつ読めましたか。

石井氏は、月刊誌「文芸春秋」の昨年11月号に掲載された首相の手記で使われた「就中(なかんずく)」など12個の漢字を並べたボードを用意し、「相当高度な漢字だ。これを隠して、どれだけ読めるかやってみたかったが、先に渡してあるから今なら読めるだろう」と首相を挑発した。

これに対し、首相は「多分、みなさんが読みにくいのは『窶し(やつし)』ぐらいではないか。後の漢字は普通、みなさん読める」と答えたが、さらに石井氏は「もしそうなら、なぜ未曾有を「みぞうゆう」、踏襲を『ふしゅう』と言うんだ。おかしい。強弁だ」と反論したとか。

(出典:産経新聞、2009/01/20配信)

貴重な時間を、こんなことに使って欲しくないですね。 この中で@とFは、あまり見かけないので、難しいかもしれませんが、その他は読めるでしょう。

答え:
(1)なかんずく(その中でも。とりわけ。)(2)いいだくだく(3)やゆ(4)ひっきょう(5)しったげきれい(6)ちゅうこうのそ(7)やつし(身をやつすこと。また、みすぼらしい姿。)(8)ちょうれいぼかい(9)ぐろう(10)がっしょうれんこう (11)けんこんいってき(12)めんぼ(も)くやくじょ

戻る