【漢字に方言「地域文字」】

話し言葉に方言があるように、漢字にも[地域文字」がある。早稲田大学教授(日本語学)の笹原宏之さん(41)は高校時代から、各地の文献を当たって、100字以上を拾い出し、近著「国字の位相と展開」(三省堂)でまとめた。日本で作られた和製漢字「国字」が大部分を占め、「人々と文字の格闘の跡が読み取れる」という。
(出典:朝日新聞、2007/04/16)


戻る