【賀寿(がじゅ)】

長寿の祝いには「還暦」「古稀」「喜寿」等々、いろいろあります。これらの
祝いを全てまとめて表わす言葉があります。それが「賀寿(がじゅ)」です。
(「寿賀」ともいいます。)
これらの言葉の意味を見てみると、昔の人の知恵もなかなかだと思います。
特に「白寿」などは、「100−1=99」はトンチがきいて、なるほどと思います。 早速、賀寿の全体を眺めてみてください。

[長寿祝いの言葉一覧]
総称言葉 年齢意味(背景)参考
漢字

寿
華寿
(還暦)
61歳 「華」の字を分解すれば、六つの十と、一になることから
数え年61歳をいう。
また、60年で再び生まれた年の干支に還るところから。
生まれた年に戻るため、赤子に戻ると言う意味から
お祝いには、「赤」が使われます。

古稀70歳中国の詩人・杜甫の曲江詩「人生七十年、古来稀」
からきたもので、数え年70歳をいう。

喜寿 77歳喜の字の草書体が、七十七に見えることからきた
もので、数え年77歳をいう。
「喜の字の祝い」ともいいます。
傘寿 80歳傘の略字体が、八十と読めることからきたもので、
数え年80歳をいう。
米寿 88歳米の字を分解すると八十八となることに由来し、
数え年88歳をいう。
「米(よね)の祝い」ともいいます。

卒寿 90歳「卒」の通用俗字「卆」が九十と読めることに由来し、
数え年90歳をいう。
白寿 99歳「百」字から「一」をとれば「白」字になることに由来し、
数え年99歳をいう。

上寿 100歳数え年100歳以上の長命をいい、毎年お祝いします。

ここで問題です。
上の表を見ているうちに、ふと、「66歳の祝い言葉があれば、面白いのになぁ」と思い、「66歳」で検索してみたらありました、ありました(^_-)
あるデパートで考え、商魂たくましくPRしていました。
あなたならこの66歳の祝い言葉に、どんな漢字を当てはめますか?

答えはこちら



戻る