【ワンワンの世界(その2)】

海から空へ、そして地上の虫にスポットを当てて展開してきた漢字を、今度は
地上の大きな動物に光をあててみます。
動物すなわち、けものということで、けもの偏(犬偏)の漢字をみたところ、
犬に関する漢字が多いことが分かりました。
また、むじな偏や、ぶた偏(いのこ偏)の漢字と同じ扱いの漢字も数多くあります。
また、犬以外に使われている漢字は、特定の動物に数多くの漢字が当てられています。
漢字の意味もどちらかというと、マイナスイメージのものが多いようです。
三回に分けて掲載します。漢字を見て楽しんでください。(*印は国字)

[犬以外の動物編](注:漢字は全て一字で読みに該当します。)
漢字よみ(カタカナ;音読、ヒラガナ;訓読) コメント
ジュウ
けもの、けだもの
(常用)
テン 獣の走るさま
ダツ 前足のない獣、 とも書く
アウ 虎の声
キュウ (略字)とも書く
猛獣の名(むかし飼いならして戦争に用いたという)
ロウ
おおかみ

ハイ、バイ 狼の一種、「よろける」という意あり
バン 狼の類

きつね

ヘイ きつねの類
くま

たぬき、ねこ
狸の仲間の総称、 とも書く
タン
たぬき、まみ
「まみ」とは「アナグマ」の異称、 とも書く
シン 狸の一種
カク
むじな
「ムジナ」は「アナグマ]の異称、 *とも書く
エン
さる、ましら
「ましら」は「サル」の異称
とも書く
おおざる、(略字)
ジュウ さる(クモザル)、 とも書く
トン
ぶた
とも書く
カン 野ぶた

しし
ライオン、「獅子」(しし)とも書く
サン、シュン 「さん」は獅子のこと、「シュン」は犬が早く走る

ひひ
「狒狒」(ひひ)とも書く
ビョウ
ねこ
(本字)
バク、ボ とも書く

はりねずみ
「蝟」(はりねずみ)とも書く
ユウ 黒猿、 とも書く
チョウ
てん
*とも書く
かわうそ
タツ、ダツ
とも書く
ヒン カワウソの類
ヘン カワウソの類
いのしし とも書く
ゲイ
かのこ
小形のいのしし、 とも書く
牡(おす)のいのしし、 とも書く
ソウ 牡(おす)の猪子(いのこ)、 とも書く
牝(めす)の猪子(いのこ)は と書く
いのこ、 とも書く
ゲン 猪子が逃げる、 とも書く
フン 去勢した猪子(いのこ)、 とも書く
コウ 猪子が鳴く(いのこ)


戻る