【ワンワンの世界(その1)】

海から空へ、そして地上の虫にスポットを当てて展開してきた漢字を、今度は地上の大きな動物に光をあててみます。 動物すなわち、けものということで、けもの偏(犬偏)の漢字をみたところ、犬に関する漢字が多いことが分かりました。 また、むじな偏や、ぶた偏(いのこ偏)の漢字と同じ扱いの漢字も数多くあります。 また、犬以外に使われている漢字は、特定の動物に数多くの漢字が当てられています。 漢字の意味もどちらかというと、マイナスイメージのものが多いようです。 三回に分けて掲載します。漢字を見て楽しんでください。(*印は国字)

[犬編](注:漢字は全て一字で読みに該当します。)
漢字よみ(カタカナ;音読、ヒラガナ;訓読) コメント
いぬ
ハク
こま、こまいぬ
とも書く
小犬
いぬ 小犬
ゴウ 大犬
コン 大犬
ちん 犬の一種、 とも書く
レイ 良犬
カン 犬(胡地の野犬)、 とも書く
コウ 強健な犬
セイ 狂った犬、 とも書く
ハイ 首の短い犬
ケツ 口の短い犬
ケン 口の長い犬
サイ
やまいぬ
(本字)
ハツ 犬の走るさま
ケキ 犬がものを見るさま
ショウ 犬のほえる声
ヒョウ
つむじかぜ
犬がほえるさま
ギン 犬がほえあう声、犬が咬みあう
ギン 咬(か)みあう
ドウ 犬の怒るさま
スイ 犬が怒るさま
ギン 犬が歯をむき出して怒る
カン 犬が行くさま
トウ 犬がものを食う
ガン、コン
かく、ねじける、はなはだ、もとる
犬がかみ合うとき発する声も言う
ワイ
みだら、みだりに
犬のほえる声も言う
サン、シュン 「さん」は獅子のこと、「シュン」は犬が早く走る


戻る