【釣師のための魚たち】

前にも書いたように、魚は地方によって呼び方が違ったり、表わす漢字(表記)もいろいろです。
もうひとつの特徴は、ひとつのサカナに対し複数個の漢字あり、かつ、国字も同じよう複数個の
漢字があります。なぜなんでしょうか。
ひとつの固有魚に対し、たくさんの種類の魚がいます。むかしはその一つひとつに名前があった
名残なのかとも考えていますが、この考えは独善過ぎるでしょうか。
普段、言葉で言っていても漢字で書けといわれると、なかなか思い出せないものが結構あります。
ここからは、魚の名前をキーにして、その漢字を最大限挙げてみます。(*印は国字)

よみ漢字 コメント
あいご藍子幼魚を「バリコ」というアイゴ
あいなめ鮎魚女・鮎並
アイナメ
あかいか赤烏賊
アカイカ
あかめばる赤眼張
「メバル」の別称
フサカサゴ
あこうだい
(あこう)
阿候鯛・赤魚鯛 フサカサゴ
あじ アジ
あなご穴子
「マアナゴ」の通称。「マアナゴ」参照
「海鰻」とも書く
アナゴ
あぶらめ油女・油魚「アイナメ」の別称アイナメ
あぶらこ油子「アイナメ」の別称アイナメ
あまご天魚ビワマスの幼魚ないし陸封魚
琵琶湖のものは「アメノウオ」または「アメ」という
サケ
あまだい甘鯛白甘鯛・赤甘鯛・黄甘鯛ありアマダイ
あみ
醤蝦

「阿弥」(あみ)とも書く

あめ
あめのうお

雨魚・江鮭

「ビワマス」の別称
サケ
あゆ
「香魚」(こうぎょ)は美称/「年魚」(ねんぎょ)は別称
アユ
あら スズキ
あんこう鮟鱇 アンコウ
いいだこ飯蛸「イシダコ」ともいうマダコ
いか烏賊
イカ綱(頭目類)軟体動物の総称

いかなご玉筋魚 「小女子」(こうなご)ともいうイカナゴ
いさき(いさぎ) 伊佐木・鶏魚 イサキ
いしだい石鯛
イシダイ
いしがきだい石垣鯛
イシダイ
いしなぎ石投 「炭焼鯛」(すみやきだい)ともいうスズキ
いしぶし石伏
「ウキゴリ」の別称
ハゼ
いしもち石首魚・石持
「シログチ」の別称
ニベ
いとう伊当・伊富
サケ
いとよりだい 糸縒鯛「金線魚」「金糸魚」「糸繰魚」とも書くイトヨリダイ
いな
「名吉」(なよし)は異称(「ボラ」の異称でもある)
ボラ
いなだ ブリの幼魚、出世魚アジ
いら伊良「カンダイ」ともいうベラ
いわし
イワシの総称だが、普通には「真鰯」を指す
ニシン
いわな岩魚
「キリクチ」ともいう
サケ
うきごり浮吾里 「浮鮴」とも書くハゼ
うぐい石斑魚 コイ
うなぎ ウナギ
うみすずめ 海雀 「雀河豚」(すずめふぐ)ともいうハコフグ
うみたなご
ウミタナゴ
えい (エイ目)
えそ 上等なかまぼこ材料
「狗母魚」とも書く
エソ
えつ斉魚 カタクチイワシ
おいかわ追河「ハエ」ともいう、「ハエ」参照コイ
おおうなぎ大鰻 ウナギ
おおなまず (大鯰) (1)
(1)「おしきうお」という読みもあり
ナマズ
おきあじ沖鯵 海魚「ハタハタ」の別称でもあるアジ
おこぜ
「オニオコゼ」の別称
オニコゼ
かいわり貝割リ
アジ
かさご笠子
フカカサゴ
かじか
「杜父魚(とふぎょ)」は漢名、「チチンコ」ともいう
カジカ
かじき梶木・旗魚
「梶木鮪」(かじきまぐろ)ともいう
マカジキ
かつお
「カタウオ」の略、「松魚」「堅魚」とも書く
サバ
かまきり鎌切 カジカ
かに
かます
「梭魚」「梭子魚」とも書く
カマス
かまつか鎌柄 コイ
かみなりうお *) 「ハタハタ」の別称ハタハタ
からふとます樺太鱒 単に「鱒」(ます)ともいうサケ
かれい
「カラエイ」の転
カレイの目は右側(ヒラメは左側)
カレイ
かわはぎ皮剥ぎ カワハギ
かわます河鱒アメリカから移入、養殖したマスの一種 (マス)
かわむつ
コイ
がんぎえい ガンギエイ
かんだい寒鯛「コブダイ」の別称、「イラ」の別称 ベラ
かんぱち間八
アジ
かんぶな寒鮒寒中にとれる鮒
コイ
ぎぎ義義
ナマズに似る魚
ギギ
きす キス
ぎばち義蜂 ギギ
きゅうせん遍羅(べら)の一ベラ
きりくち切り口「イワナ」の別称
サケ
きんめだい金眼鯛
キンメダイ
ぐち 「イシモチ」の俗称ニベ
くちぼそ口細「持子(もつご)」の異称コイ
くろだい黒鯛 「カイズ」は幼魚。「チヌ」「チン」ともいうタイ
げんごろうぶな源五郎鮒 琵琶湖に産する大形のフナの一種コイ
こい
(鱗が36枚並んでいることから)「六六魚」(ろくろくぎょ、りくりくぎょ)、
「六六鱗」(ろくろくりん)は異称
鯉には「手紙」という意味がある
コイ
こうなご小女子 「イカナゴ」の別称イカナゴ
こち コチ
こなまず(小鯰) コイ
このしろ ニシン
こぶだい瘤鯛「カンダイ」ともいうベラ
ごり 淡水魚の方言
ごんずい 権瑞 ゴンズイ
さくらます 桜鱒 単に「鱒」(ます)ともいう
河川で生活するものは「ヤマメ」と呼ばれる
サケ
さけ
古名「年魚」(ねんぎょ)、「年魚」は「アユ」のことをもいう
サケ
さっぱ
ニシン
さば
「青花魚」とも書く
サバ
さより細魚・針魚 サヨリ
さめ
さわら
「馬鮫魚」(ばこうぎょ)とも書く
サバ
さんま秋刀魚
サンマ
しいら シイラ
ししゃも柳葉魚 アイヌ語、公魚(わかさぎ)に類似キュリウオ
しまあじ縞鯵
アジ
しまがつお縞鰹
サバ
しゃこ蝦蛄・青竜蝦「蝦蛄蝦」(しゃこえび)ともいう
しろぎす白鱚
キス
しろぐち白ぐち「イシモチ」ともいうニベ
すけそうだら
すけとうだら
助惣鱈
介党鱈
タラ
すずき
出世魚の項参照
スズキ
すずめいお雀魚
「海雀」(うみすずめ)ともいう
ハコフグ
すばしり 洲走り
「ボラ」の稚魚の称、出世魚
ボラ
すみいか墨烏賊「真烏賊(まいか)」「甲烏賊(こういか)」の異称
するめいか鯣烏賊スルメにする
アカイカ
せいご スズキの当歳魚と2歳魚との称、出世魚
スズキ
そい北日本に生息するフサカサゴ科の魚の総称フカカサゴ
そうぎょ草魚
コイ
たい タイ
たかべ
タカベ
たこ蛸・章魚
たちうお太刀魚 タチウオ
たなご
「ウミタナゴ」の別称でもある
コイ
たら タラ
ちだい血鯛「花鯛」(はなだい)ともいうタイ
ちちんこ「鰍」(カジカ)の異称カジカ
てながえび手長蝦・草蝦

どじょう泥鰌 ドジョウ
とびうお飛魚 (1)
(1)は「ぶんぎょ」とも読む
トビウオ
なまず
ナマズ
なよし名吉 「イナ」または「ボラ」のことボラ
にごい似鯉
「ミゴイ」ともいう。「ミゴイ」参照
コイ
にじます虹鱒 北米原産の淡水魚、日本各地の湖沼に放流サケ
にしん ニシン
にべ ニベ
ねずみごち鼠鯒
「メゴチ」参照
ネズッポ
はえ

上段はすべて「ハヤ」とも読む。「オイカワ」の別称
コイ
はす コイ
はぜ
「蝦虎魚」「沙魚」とも書く
ハゼ
はた羽太
ハタ
はたはた
「カミナリウオ」「オキアジ」ともいう、
ハタハタ
はなだい花鯛「血鯛」(ちだい)の異名タイ
はや
すべて「ハエ」とも読む。「ウグイ」の地方名(東京地方)

はも ハモ
はらか腹赤
ハラアカの略
「マス」の異称、「ニベ」の異称ともいう
サケ
はりせんぼん針千本
「針河豚」(はりふぐ)ともいう
ハリセンボン
ひうお(ひお) 氷魚
「アユ」の稚魚
アユ
ひがい 明治天皇が特に賞味したので「皇」の字を当てる
コイ科の淡水魚
コイ
ひめます姫鱒 「紅鮭」(べにざけ)の陸封型サケ
ひらまさ平政
アジ
ひらめ平目・比目魚
ヒラメの目は左側(カレイは右側)
ヒラメ
びわます琵琶鱒 「アメノウオ」ともいうサケ
ふか
サメ類の関西での地方名
関東などでは特に大形のものを指す

ふぐ河豚
フグ
ぶだい武鯛・不鯛
ブダイ
ふな コイ
ぶり 出世魚の項参照アジ
ぶりこ ハタハタの卵
べにざけ紅鮭 「紅鱒」(べにます)ともいうサケ
べにます紅鱒 「紅鮭」(べにざけ)の別称サケ
へらぶな箆鮒 「源五郎鮒」(げんごろうぶな)の人工飼育品種コイ
べら遍羅 「きゅうせん」が一般的なもの
「倍良」とも書く
ベラ
ほうぼう 「竹麦魚」とも書くホウボウ
ほっけ
アイナメ
ぼら *(1)
(1)は「おおぼら」ともよむ、出世魚
ボラ
まあなご真穴子
アナゴ
まぐろ サバ
まごい真鯉
緋鯉(ひごい)に対して、普通の黒い鯉の称
コイ
ます
「サクラマス」の別称
サケ
ますのすけ 鱒の助
サケ・マス類の中で最大
サケ
まだい 真鯛「麦藁鯛」(むぎわらだい)ともいうタイ
まなかつお真魚鰹 マナガツオ
まんざいうお 「よしもとおもしろ水族館」で懸賞募集したサカナシマガツオ
まんぼう 翻車魚
マンボウ
みごい白魚
「ニゴイ」の古名、「ニゴイ」参照
コイ
むつ
(かわむつ)の俗称、「カワムツ」参照
ムツ
むろあじ室鯵 アジ
めかじき眼梶木・眼旗魚
メカジキ
めごち雌鯒「鼠鯒」(ねずみごち)の別称コチ
めじな眼仁奈
メジナ
めなだ赤目魚・眼奈太 ボラ
めばる眼張
フサカサゴ
もつど持子
コイ
もろこ諸子
コイ
やがら矢柄 ヤガラ
やつめうなぎ八目鰻
一字で「ちいさいうなぎ」とも読む
コイ
やまめ山女
サクラマスの稚魚ないし陸封魚の称

やりいか 槍烏賊・鎗柔魚主にスルメにする
ジンドウイカ
らいぎょ 雷魚「タイワンドジョウ」の通称タイワンドジョウ
れんぎょ 「台湾鱒」(たいわんます)ともいう
コイ
わかさぎ公魚 キュリウオ
わたか腸香 コイ/TD>
わにざめ鰐鮫
猛悪なサメの俗称

わらさ稚鰤出世魚アジ


戻る