【続・泳がない魚たち】

[魚の加工品](*印は国字)
漢字よみ コメント
かずのこ ニシンの卵巣を乾燥または
塩漬けにした食品
からすみ ボラの卵の珍味
ごまめ 小形カタクチイワシの乾製品
「古女」とも書く
「たつくり(田作り)」は異称
するめ「当たりめ」は忌詞
げそ鮨屋などで、イカの足のこと
かまぼこ
つけうお 漬けたサカナのことか?
しおづけうお は「ふぐ」とも読む
なます
はららご 魚類の産出前の卵塊。
それを塩漬けにした食品。
筋子の類。腹子。
〔下も同じ、()の読みあり〕

(ヒラ)(ハエ)(ギギ)


[その他の魚](*印は国字】
漢字よみ コメント
あぎとう(魚が)水面で口を開閉すること
のぎ
うおぼね
のどに刺さった魚の骨
すし「寿司」と書くのは当て字
しゃちほこ棟飾りの一
「しゃち」と読めば歯クジラの一種
にんぎょ上半身が人間、下半身が魚体とい
想像上の生物
「儒艮」のことをさす場合もあります
(ジュゴン)
やもお妻のいない男。妻を失った男。
「男やもめ」のことです
夫に死別した女の人は「寡婦(かふ)」
とも「寡男」とも書きます
漢字よみ コメント
ブリザードよく考えた国字と思います
漢字よみ コメント
あたらしい生きのよいこと
くろい黒いこと
つる釣ること
あみにはい・る魚が網に入ること
すなどる魚や貝類を取ること
さかなをく・う魚を食べること
よみがえる生き返ること
「蘇る」に同じ
あざ・やか(形・色・声が)
際立ってくっきりと美しいさま
おろか知能・理解力が乏しいこと
程度が劣ること
おいる
としより
歳をとること、としより
「フグ」とも読む
かいらぎ鮫皮の一種
「梅花皮」とも書く
えり定置漁具の一
うおとりかご漁具の一


戻る