【一から出発進行、数字の世界へ】

ものごとのはじめは一から始まるといわれますが、数字の世界は もっと面白いあらわし方がされています。
一、二、三、四、五、六、七、八、九、十。ここまで知っているのは小学校の低学年。 百、千、万が判れば小学校の高学年です。
数字の世界はこんな簡単なものではありません。
日本最初の算術書といわれる『塵劫記』(吉田光由著、1627年(寛永4))には、 現在使われている数字の単位が既に使われていました。
塵劫記の「塵」は小数(一未満の単位)をいい、「劫」は大数(一以上の単位) をあらわしており、大数の単位は次のようになっています。

【一】
【十】
【百】
【千】
【万】
【億】 [十億、百億、千億・・・・以下同じ]
【兆】
【京】(けい)
【垓】(がい)
【★】(じょ)[★=禾編に予(登録漢字がありません)]
【穣】(じょう)
【溝】(こう)
【澗】(かん)
【正】(せい)
【載】(さい)
【極】(ごく)
【恒河沙】(ごうがしゃ)
【阿曽祇】(あそうぎ)
【那由他】(なゆた)
【不可思議】(ふかしぎ)
【無量】(むりょう)
【大数】(たいすう)

次に小数、つまり一未満の単位は次のようになっています。
小数点以下十桁まで表記されています。
【分】(ぶん)
【厘】(り)
【毫】(もう)
【絲】(し)
【忽】(こつ)
【微】(び)
【纎】(せん)
【沙】(しゃ)
【塵】(じん)
【埃】(あい)

なんと、最後は塵埃、ごみの世界です。よく考えたものだとは思いませんか。

戻る